プロジェクト

2022年03月29日

AIを用いた下肢筋容量自動計測に関する研究

筋容量評価はリハビリテーションの効果を始めスポーツ医学などでも経時的容量変化が評価指標の一つとして用いられる。MR画像は非侵襲的に取得できるが隣り合う筋肉の信号強度が類似しているため、容量計測のための手動関心領域設定には多くの労力を要する。AIによるセマンティックセグメンテーション技術を画像処理技術とともに応用することで簡便な筋容量計測の手法を開発する。

開発室

画像診断支援AI開発室

Principal Investigator

杉森 博行(保健科学研究院 准教授)