プロジェクト

2022年03月29日

上部消化管内視鏡画像からの胃がんリスク識別AI構築

胃がんは、数あるがんの中でも死亡率の高いがんの一つです。ピロリ菌感染が胃がんリスクを高める主な原因であるとされており、胃がんリスク層別化による効率的な検診の実現が求められています。本プロジェクトでは、上部消化管X線画像(バリウム検査)から胃がんリスクを推定可能とするAI構築します。深層学習モデルに基づき構築したAIモデルは、判定精度96%以上を達成しました。

詳しくはこちら
https://www-lmd.ist.hokudai.ac.jp/future-by-lmd/collaboration-with-medical-science-fields/

開発室

AI技術開発支援室

Principal Investigator

長谷山美紀 北海道大学大学院情報科学研究院

学内研究者

小川貴弘 北海道大学大学院情報科学研究院
藤後廉 北海道大学大学院情報科学研究院

学外研究者

間部克裕 淳風会健康管理センター倉敷 センター長
加藤元嗣 国立病院機構函館病院 病院長
山道信毅 東京大学医学部 准教授