プロジェクト

2022年03月29日

医用画像データ共有へ向けたデータ圧縮技術の構築

学習データの量や品質の保持は、高度なAIを構築するために欠かせないものです。一方で、個人情報である医療データにおいては、品質の高いデータを大量に確保することは容易ではありません。医療データを安全に共有可能とすることで医療AI研究を加速させることができるでしょう。本プロジェクトでは、AI学習に必要な情報を圧縮する“データ蒸留”技術を開発しました。本技術により、数千枚の画像の情報をAI学習に必要な情報を保持した枚の画像に集約することが可能となります。本技術は、世界最古の一般科学雑誌である SCIENTIFIC AMERICANにおいて、AI民主化のための次世代技術の一つとして取り上げられました。

https://www-lmd.ist.hokudai.ac.jp/future-by-lmd/collaboration-with-medical-science-fields/

開発室

AI技術開発支援室

Principal Investigator

長谷山美紀 北海道大学大学院情報科学研究院

学内研究者

小川貴弘 北海道大学大学院情報科学研究院
藤後廉 北海道大学大学院情報科学研究院